ベルリンと日本を繋ぐホットなクリエイティブイベント「Berlin x Tokyo」「Resonanz」開催

現在、EUでも最もホットな場所の1つとして知られているベルリンで、独自のユニークな文化が育まれている。
 
ベルリンの壁崩壊後から4半世紀たち、類を見ない歴史や、毎年倍増する移民が織りなす多様性ある場所によって、テクノミュージックを始めとした、ベルリンの文化的素地を豊かにしており、近年では、日常生活にまでクリエイティビティが光る街となっていきているのだ。そのため、アーティストや社会活動家だけではなく、ビジネスやスタートアップ界隈の人々にも好ましい環境となっている。
 
今回、ベルリン東京姉妹都市20周年を数える2014年に、東京とベルリンのそれぞれの大都市のクリエイティビティを照らし合わせ、2014.11.29(土) – 30(日)に、六本木ヒルズ展望台で「BERLIN X TOKYO / デザイン・アート・カルチャー展」を行う。また、11月29日(土)代官山UNITには、ベルリンと東京を繋ぐ電子音楽とメディアアート繋ぐイベント「Resonanz / テクノロジーアート・音楽イベント」が開催される予定だ。
 
「BERLIN X TOKYO / デザイン・アート・カルチャー展」では、世界の目を驚かす奇抜な取り組みをするベルリンの最新のアート、デザイン、ファッションを展示する贅沢な週末の2日間となっており、アートでは、ベルリンの現代アートのハブ、スタジオThe WYEがキュレートする最先端テクノロジーと人間の交差を表現するエッジの効いた作品。デザインでは、ドイツを代表するクリエイティブ会社DMYが最新のヨーロピアンデザインプロダクトを厳選して展示する。また、日本からはデザインの力によって社会課題を解決するデザインファーム、Nosigner、伝統文化の華道とポップカルチャーを繋げるPlanticaが出展するなど、日本とベルリンのアートやデザイン、そしてファッションや写真にワークショップなど幅広いクリエイティブが揃う。
 
「Resonanz / テクノロジーアート・音楽イベント」では、ベルリンからサン・エレクトロニック、NSIなど複数の音楽ユニットを始動させ、エクスペリメンタル音楽を牽引するマックス・ローダーバウアーのアジアプレミアを筆頭に、今年のBerlin Atonalでワールドプレミアを行ったダーシャ・ラッシュ新作のアジア初上陸、辛口なベルリン音楽ファンをも唸らせる日本人アーティスト 黒川良一、さらに日本からはPerfumeを始め、想像を絶する作品を世に送り出す ライゾマティクス・真鍋大度率いるYourCosmos(Daito Manabe, evala, Kaoru Sugano, Kouki Yamada, Nao Tokui, Satoshi Horii, Satoru Higaによる コラボレーションプロジェクト)が登場する。アルス・エレクトロニカでの発表を皮切りに人工知能はRapが出来るかをテーマに活動中しており、今回は初の日本語バージョンにチャレンジになるとのこと。
 
ベルリンと東京を繋ぐ、ホットな2日間。ぜひ注目していただきたい。
 
 

BERLIN X TOKYO
 
日程:2014.11.29(土) – 30(日)
営業時間:展示会開催時間 10:00 – 23:00 (最終入場22:30)
会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー (52階屋内展望フロア)
※展望フロアは25:00まで空いています(最終入場24:00)
※スカイデッキは荒天時クローズ
※各施設、イベントごとに開館時間が異なりますのでご注意ください