ベルリンと札幌から始まる、電子音楽を通じた都市交流「Open Port Club」アーティスト締め切りは7月5日まで

2017年8月末から9月上旬に、ベルリンからのアーティスト2名を札幌に招いて進められる滞在制作プログラム「Open Port Club」。このプロジェクトは、音楽を通じたベルリンと札幌の都市間交流を目的としたもの。参加者は、ベルリンのアーティストと共に天神山アートスタジオに滞在し、招聘アーティストとセッション・制作を共にする流れとなっている。このOpen Port Clubでは、あらゆるアート、クリエイティブの先鋭があつまる都市であるベルリンに学びつつ、なおかつ札幌がもつ音楽性をベルリンへ向けて発信してゆく相互的に作用するクリエイティブなプログラムとなっている。
 
この音楽を通じたベルリンと札幌の都市間交流プロジェクトプログラムでは、参加アーティストを現在募集中だ。参加者は、ベルリンのアーティストと共に天神山アートスタジオに滞在し、招聘アーティストとセッション・制作を共にする。アーティストの締め切りは7月5日まで。

Open Port Club
アーティスト公募情報ページはこちら
 
プログラム実施期間:2017年8月30日 – 9月8日
応募受付期間:2017年6月1日 – 7月5日
募集人数:1名
おもな受入れ条件:
 -20歳以上であること
 -現在北海道内を拠点として音楽活動を行っているソロアーティストであること
 -エレクトロニックミュージックを主とした、オリジナルの音楽制作活動を行っていること
 -ベルリンと札幌の音楽文化交流の発展に貢献する意志があり、Open Port Clubの趣旨に賛同すること
 -日常会話程度の英語を話すこと
 -心身共に健康で、日々の食事の準備、洗濯、掃除など、個人の生活に関わる身の回り管理を自身で手配できること
 -滞在状況や制作の模様をアーカイブ、広報活動の為に全公開していく事にご協力いただけること
 -2017年10月12日-15日に札幌を再び訪れることが可能なこと(移動費は主催側で負担します)
支援内容:
 -居住地域から札幌までの往復移動費の全額負担
 -滞在場所の提供、滞在費の援助
 -成果発表(2017年10月札幌にて)
 -Groove, Berlin Community Radio, FM Northwaveでのメディア露出
 -芸森スタジオでのレコーディング機会
選考方法:
審査基準に基づいて下記7名の審査委員が書類および作品を審査する
 -Heiko Hoffmann (Groove)
 -Sarah Miles (Berlin Community Radio)
 -Anastasia Filipovna (Berlin Community Radio)
 -Kuniyuki Takahashi
 -Yuko Asanuma
 -Ryota Hattori (Open Port Club)
 -Ayako Hirano (Open Port Club)
審査基準:
 -今後の音楽活動に継続と発展が見込まれ、将来性が期待されること
 -作品に独自性や先鋭性を伴うこと
 -表現活動を通じた社会へのアプローチに積極的なこと
必要な応募資料:
 -申込書(Open Port Clubウェブサイトからダウンロードしてください)
 -作品音源(SoundcloudやBandcamp、Youtubeなどのプラットフォームにアップロードされたものを共有してください。審査対象の音源は合計30分以内に限ります。)
 -ポートフォリオや自己PR資料(形式自由、A4×3ページ以内)
応募方法:
7月05日までに応募資料を interactive@no-maps.jp へメールでお送り下さい
結果発表:
2017年7月中旬を予定
 
協力 : ゲーテ・インスティトゥート / 東京ドイツ文化センター
メディアパートナー : Groove, Berlin Community Radio, FM NORTH WAVE
主催 : No Maps