国内初個展となる展覧会「AMBIENT 深澤直人がデザインする生活の周囲展」開催

7月8日(土)よりパナソニック 汐留ミュージアムにて、世界的に活躍するプロダクトデザイナー、深澤直人の国内初個展となる展覧会「AMBIENT 深澤直人がデザインする生活の周囲展」が、パナソニック 汐留ミュージアムで開催される。
 
深澤直人は、人間の意識していないときの行動の中にデザインのきっかけがあることを見出し、それを「Without Thought(思わず)」と名付け、1999年以降、その名を使ったデザインワークショップを毎年開催し、書籍とともに発表を続けている。また、「行為に相即するデザイン」「意識の中心」「ふつう」「輪郭」「典型」など、自らのデザイン哲学をこれらの言葉で表わすとともに、デザインの具体を通してその実践を続けている。
 
本展のタイトルである「Ambient」とは、直訳すると「環境」だが、深澤はこの言葉を「周囲」や「雰囲気」と捉えている。環境からものの輪郭を導き出しているが、それはつまり、その環境が要請したもの、そこにあるべきものを生み出すことなのである。そのようにして生み出されたものがその場所に投じられることによって、ものと空間が相互に作用し、はじめて「いい雰囲気」が醸し出されるのである。
 
本展では、その「いい雰囲気」を醸し出すことを実践している。深澤がデザインした「もの」は、生活の中で使用されることにより、さらにその周囲の空気をもデザインすることになるのである。今回、無印良品、au(KDDI)、B&B ITALIA、パナソニックなどのブランドの製品としてデザインされ、グッドデザイン賞など著名な賞を受賞した作品が多数出品される。展示室という空間の中に、イスや家電、住宅設備など、生活のためのデザイン作品を配置することで、深澤の思考を立体化する。会場では、深澤直人が生み出す生活の空気を体感していただけることだろう。
 
トークショーなどのイベントも企画されているのでぜひ、こちらもご期待いただきたい。

AMBIENT 深澤直人がデザインする生活の周囲展
会期:2017年7月8日(土)~10月1日(日)
開館時間:午前10時より午後6時まで(ご入館は午後5時30分まで)
会場:パナソニック 汐留ミュージアム
東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック 東京汐留ビル4F
休館日:水曜日、8月14日(月)~16日(水)
入館料:一般:1000円、65歳以上:900円、大学生:700円
中・高校生:500円 小学生以下無料、20名以上の団体は100円割引。
障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料でご入館いただけます。
ホームページ割引引き換え券はこちら
主催:パナソニック 汐留ミュージアム、毎日新聞社
後援:港区教育委員会
協力:ALESSI、株式会社大直、KDDI株式会社、セイコーウオッチ株式会社、ハーマンミラージャパン株式会社、B&B ITALIA Japan、PLANK、Magis Japan、株式会社マルニ木工、株式会社 YAMAGIWA、LAMY、株式会社良品計画、モダンリビング(ハースト婦人画報社)
特別協力:NAOTO FUKASAWA DESIGN
トークショー「空気の輪郭」
本展出品作家である深澤直人氏が、もの自身がもつ輪郭と環境から導き出される輪郭の二つの側から具体化するプロセスについて、インターフェースデザイナーの中村勇吾氏を聞き手として紐解きます。
講師:深澤直人氏
聞き手:中村勇吾氏(インターフェースデザイナー)
日時:7月17日(月・祝) 午後2時~3時30分
定員:250名(要予約)
聴講費:無料(ただし本展の観覧券が必要です)
会場:パナソニック東京汐留ビル5階ホール
ワークショップ「ミュージアムの展示デザイナーに、なってみよう!」
講師:パナソニックES社 デザインセンター・デザイナー 
日時:8月5日(土) 午後2時~3時30分
定員:30名(要予約・小学生5年生以上)
聴講費:¥1,500
会場:パナソニック東京汐留ビル3階ホール