【INTERVIEW】DÉ DÉ MOUSE新アルバム「dream up you」ツアー直前インタビュー

音楽活動10周年を記念して6枚目となるフルアルバム「dream you up」を4月12日リリースしたDÉ DÉ MOUSE。本作には「架空SFアニメの若いパイロット達の間で話題のヒットミュージック」をテーマにしたダンスミュージックを全11曲収録し、初音ミクの北米ツアーにも帯同したニューヨークのバンドAnamanaguchiとのコラボ楽曲や、アートワークは数々のアニメーション作品に携わるデザイナー・コヤマシゲトが担当している。今回、アルバムタイトルを冠したツアーも始まる「dream you up」について、アルバムの世界観や音楽性など、DÉ DÉ MOUSEにインタビューを行った。

– 今回のアルバム「dream you up」について
『架空SFアニメの若いパイロット達の間で話題のヒットミュージック』というコンセプトについてお聞かせください

元々はカーステのラジオから流れてくる80sヒットミュージックをテーマにしたダンスアルバムにしようと制作していたのですが、エディットを加えているうちに、現代のダンスミュージックぽいアプローチも多分に入ってきてしまい、80年代のSFアニメの中で流行っている未来の音楽ってもしかしたこんな感じなのかも、ってぼんやり考えているうちに、形になったコンセプトです。

それに伴って制作されたアートワークについてお話ください

これも、最初は助手席に座っている女性が振り向いている、というイメージが、そのままコックピットになった感じです。僕自身、80年代初頭のCGが好きで、今回のアートワークを担当してくれたコヤマシゲトさんと、80年代のSFアニメやCGの話をしているうちに、自然とこの形になりました。コヤマさんも僕も、共通したイメージを持っていたので、すごくスムースでした。

コラボレーションしたAnamanaguchiについての印象

彼らは、マルチネを中心とした、日本のインターネット界隈のサウンドを、とても注目していて、僕は彼らと共通の友人を介して知り合いました。みんな本当にいい奴らで、 彼らの人柄も音楽も大好きです。メンバーのアリーが、単独で来日した時に、レッドブルスタジオに入って作った曲が、今回のpump it upです。

– 音楽体験と提供について
近年変わりつつあるフィジカルとデジタルの音源提供についての違いについて感じることはありますか

ネットで受ける曲がフィジカルでも売れるか、というと、一概にそうとも言えない傾向が面白いです。音楽を聞く人と、音楽を買う人って同じなようでいて、実は結構違う、ということをよく感じます。

それにともなって、テーマにもある音楽の楽しみ方が変化しつつある(サブスクリプションミュージックなど)中、今回の架空のSFの世界ではどのような音楽の楽しみ方をしてると思いますか?

カセットテープで自分のプレイリストを作って、交換しあってるんです。あくまで80年代のSFなんで、変なところはレトロなんです。懐古主義って訳ではないけど、音楽がおしゃれなのは、ヴァイナルにしろ、カセットにしろ、ファッションの一部にできるからなんだと思います。音楽を身につけることが、ファッションの一部に、もっとなってほしいものですね。

ライブ体験も変わりつつあると思いますが、今回のアルバムをふまえ何か考えたり企画してることはありますか?

みんなが踊れる音楽をしばらく作っていこうと思っています。

– ライブツアーについて
今回のバンド編成について

より多くの人に自分のダンスミュージックを届けよう、と思った時に、ロックバンド、という編成が、一番響くんじゃないかと思い、バンドで演奏することを念頭に置きながら、アルバムを制作していました。

山本晃紀(LITE)SAWAGIらをバックメンバーに起用した理由について

山本さんはもう何年もライブで、DE DE MOUSE + his drummer名義やDE DE MOUSE +
Drumrollsで、無茶なドラムプレイをしてもらっていました。Sawagiはロックバンドでダンスをやる実力派バンドっていうことで、この人たちしかいないだろってことで、LITEの山本さん、Sawagiの観音さんと雲丹亀さんにしました。

フランス公演「マニフィックソサイエティ」出演について

Tokyo Sceneの代表の一人として選んでいただいて光栄です。どこの国に行っても、基本はスタンスを変えないので、楽しく踊ってもらえるよう頑張ります。

楽曲やライブなどの表現方法に今後注目・挑戦したいことはありますか?

やりたいことはめちゃくちゃたくさんありますが、今は、dream you
upのようなダンスサウンドを作るのが楽しいし、みんな喜んでくれているので、もっとみんなが笑顔になる曲を作ろうと思っています。

最後に、この記事を読んでいる方にメッセージをお願い致します

dream you up、とても良いアルバムです、是非聴いてください。そして、ライブ、すごく素敵な体験をできると思いますので、ぜひ、いらしてくださいね!

dream you up

DÉ DÉ MOUSE「dream you up」
01. get you back
02. face to face
03. bent
04. dream you up
05. chase after chase
06. rock you up
07. as you like it
08. flesh! + blood
09. whimsy love
10. hand on your hand
11. pump it up(feat. Anamanaguchi from NY)

DÉ DÉ MOUSE dream you up tour 2017
 
4月28日(金) 東京・代官山UNIT 19:00/20:00
同日深夜、同会場の代官山UNIT & SALOONにて主催CLUBイベント「not」開催
5月01日(月) 仙台enn 19:00/20:00 (問) enn 022-212-2678
5月05日(金) 札幌DUCE 17:30/18:00 (問) WESS 011-614-9999
5月11日(木) 広島Club Quattro 17:00/18:00 (問) 広島Club Quattro 082-542-2280
5月12日(金) 大阪・心斎橋CONPASS 19:00/19:30 (問) グリーンズ 06-6882-1224
5月13日(土) 名古屋 Club Rock’n Roll 18:00/18:30 (問) ジェイルハウス 052-936-6041
5月14日(日) 横浜 LANDMARK HALL 17:00/18:00 (問) MICE ENTERTAINMENT 03-4296-2143
5月19日(金)~21日(日) フランス公演 「マニフィックソサイエティ」出演
5月26日(金) 京都 CLUB METRO 19:00/19:30 (問) 京都メトロ 075-752-4765
5月27日(土) 岡山 hoshioto 2017出演 17:00/17:30 more info
5月28日(日) 富山 MAIRO 17:00/17:30 (問) 富山MAIRO 076-445-1181
6月02日(金) 福岡 VOODOO LOUNGE 19:00/19:30 (問) BEA 092-712-4221
6月03日(土) 沖縄 OUTPUT 21:30/22:00 (問) Output 098-943-7031
DÉ DÉ MOUSE デデマウス
 
遠藤大介によるソロプロジェクト。作曲家、編曲家、プロデューサー、キーボーディスト、DJ。また、自身の曲のプログラミングやミックス/マスタリング、映像と多方面に活動し、他作品のプロデュース/ 楽曲提供 / remixも行う。
 
2007年に1stアルバム「tide of stars」でデビュー。サンプリングされたボーカルを再構築するメロディカットアップのキャッチーで不思議なメロディを武器に、多くの人の耳を掴み、ノンプロモーションながら爆発的なヒットとなる。この「tide of stars」で確立されたメロディカットアップの手法は、煌びやかなシンセサイザーサウンドと、独特な和音構成も相まって、国内外問わず多くのフォロアーを生み、以降のシーンに一つの発明とも呼べる功績をもたらす。
 
また、トラックメイカー/プロデューサーとしてのライブの追求にも早い段階から積極的であり、2008年からはバンドを従え、フジロックやタイコクラブなど、毎年多くのフェスやイベントに出演。バンドシーンとクラブシーンの枠組みを超えた縦横無尽なライブパフォーマンスは人々を魅了し続けると共に、プラネタリウムライブや盆踊りイベントの開催など、幅広い活動域を持つ。