人とAIによるオーディオ・ビジュアル・ライブパフォーマンス「欲望する機械(マシン・デジラント)」 (第6回「デジタル・ショック」)

2月17日(金)、渋谷WWWにてライブ・パフォーマンス「欲望する機械(マシン・デジラント)」が開催される。本イベントは、アンスティチュ・フランセ主催の日仏のメディアアートイベント”DIGITAL CHOC 2017”内のライブパフォーマンスイベント。

Qosmo AI-DJ

Qosmoが開発したAI-DJと、徳井直生によるHUMAN-DJのBack to Back( *Back to Back : 二人のDJがそれぞれ相手の曲を受けて 交互に曲をかけるプレースタイル)による、パフォーマンス&ビジュアライゼーション、サイモン・ガイストによるロボティック・サウンド・インスタレーション「Tripods One」を使ったライブパフォーマンスなど、さまざまに先鋭的な試みが行われる予定。

Tripods One

出演は、Brian EnoのMVなどAIを用いた作品制作、アルゴリズミックデザインなどを手がけるQosmoから徳井直生、堂園翔矢。ドレスデン在住のドイツ人コンテンポラリー・アーティスト、モーリッツ=サイモン・ガイスト。ベルリン在住のフランス人アーティスト、ダヴィッド・ルテリエ(a.k.a Kanding Ray)による、日仏独三カ国の気鋭アーティストが競演する。


Qosmo AI-DJ

Qosmoは、表現の分野における人工知能と人間の在り方を模索しつつ、高度な技術による実験的なパフォーマンスを目指してきている。例えば、過去5回にわたりQosmo 徳井直生とRhizomatiks  真鍋大度が共同主催してきた人工知能DJイベント2045では開催毎にアップデートを重ね、今回が6度目の挑戦となる。京都国立近代美術館にて開催された第4回目からは、本物のレコードとターンテーブルを物理的に制御し、人とAIの「かけあい」、共同作業という理念をより明確にするためソフトウェアを使えばすぐにできることをあえて外部化。Visualizationを担当するQosmoの堂園翔矢は、人間と同じように”思考するAI”のプロセスを映像で表現する。

 

人間とロボットのミュージシャンがコラボレーションするオーディオ・ビジュアル・ライブコンサート。目が離せない。

ライブ・パフォーマンス「欲望する機械(マシン・デジラント)」(第6回「デジタル・ショック」内開催)
日時:2017年2月17日(金) 19時開場/19時30分開演/22時30分終演(予定)

会場:渋谷WWW
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル地下
料金:一般3,500円、前売り・学生・会員3,000円(ドリンク別)
出演:Qosmo AI DJ + Nao Tokui (Back to Back set) / Visualization : Shoya Dozono,
Sonic Robots (Moritz Simon Geist), David Letellier (a.k.a Kangding Ray) / VJ : Akita Yoshiko, Albino Sound (DJ)
主催:アンスティチュ・フランセ東京
共催:東京ドイツ文化センター
助成:フランス・ドイツ文化基金
協力:株式会社Qosmo
チケット取り扱い:Peatix http://digitalchoclivemachine.peatix.com/

お問い合わせ:アンスティチュ・フランセ東京(03-5206-2500)

Nao Tokui 徳井直生
Qosmo代表取締役 , 博士 (工学)
東京大学工学系研究科博士課程修了。工学博士。
在学中から人工知能に基づいた音楽表現とユーザ・インタフェースの研究に従事するとともに、DJ/プロデューサとして活動。ソニーコンピュータサイエンス研究所パリ客員研究員などを経て、2009年にQosmoを設立。2015年には人工知能DJイベント「2045」をスタート。近作としては、AIを用いたBrian Enoのミュージックビデオの制作など。AIと人の共生による創造性の拡張の可能性を模索する。
Website : http://www.naotokui.net/
 

© David Letellier
 
David Letellier ダヴィッド・ルテリエ
1978年フランス生まれ、ベルリン在住のアーティスト。フランスとドイツで建築について学ぶ。カンディング・レイ(Kangding Ray)の名でドイツの電子音響レーベル「ラスター・ノートン」に所属。カーステン・ニコライとの息の長いコラボレーションでも知られるルテリエは、オーディオビジュアル・パフォーマンスからサウンド・インスタレーションまで、さまざまな媒体で表現を行う。建築、アート、音楽にまたがる彼のアプローチは、「動く形(フォルム)」としてのサウンドに関する探究であるといえる。Némo(パリ)、MediaRuimte(ブリュッセル)、Scopitone(ナント)等のヨーロッパのデジタル・アートフェスティバルで精力的に作品を発表している。
Website : http://www.davidletellier.net/
 

Tripods One and Moritz Simon Geist. Photo: David Pinzer © Sonic Robots
 
Moritz Simon Geist モーリッツ=サイモン・ガイスト
1981年生まれ。ドレスデン在住のドイツ人コンテンポラリー・アーティスト。クラシック音楽とロボット工学を学ぶ。3Dプリンターのスペシャリストでもあり、3Dプリンターを使って造形作品を作る。アーティスト・コレクティブSonic Robotsとして、エレクトロニック・ミュージックのパフォーマンスや、ロボッティック・サウンドインスタレーション、社会におけるロボットの進化についての討論など、さまざまなプロジェクトを展開している。これまでにアルス・エレクトロニカ(リンツ、2014年)、Transmediale(ベルリン、2013年)、マッピング・フェスティバル(ジュネーヴ)等で作品を発表。17日のイベントでは、未来派ロボティック・サウンド・インスタレーション「Tripods One」を使ったライブパフォーマンスを行う。
Website: http://sonicrobots.com/