「味のカタチ」展(仮称) デザインフォーラム foro08(フォロ・ゼロット)主催/『五感シリーズ』VOL.6

1月17日より奈良をテーマにした複合施設「ときのもり」にて「味のカタチ」展(仮称)デザインフォーラム foro08(フォロ・ゼロット)主催/『五感シリーズ』VOL.6が開催される。本展示は、異なるジャンルのクリエイターがゆるやかに集うデザインフォーラムforo08(フォロ・ゼロット)による、五感とデザインの関係性をテーマにしたプロジェクトシリーズの第6弾として、「味覚」をテーマに展覧会。

私たち人間は、これらの味を無意識に味わい分けて暮らしています。すなわち、味覚とは、生命維持活動に必要な物質を体内に取り込み、有害な成分が侵入するのを防ぐため、生き物としての人間に自然に備わっている能力であると言えるでしょう。味覚はまた、身体にとって不足している要素を知らせる“センサー”の役割も果たしています。例えば、激しいスポーツの後に「冷たいビールが飲みたい」と思ったり、仕事や勉強で疲れると「何か甘い物が欲しい」と感じたりするのは、身体を一定の状態に保とうとする恒常性=ホメオスタシスが働くためです。
 
一方、私たち人間は、本来は「危険」の信号であったはずの苦味や酸味、「痛み」の一種であるスパイシーな刺激までをも、味わい楽しむことができます。今や「味」の世界は、生存のための本能的な機能をはるかに超え、文化としてその洗練度を極めたと言えます。本展覧会では、香りや質感、温度や色や音などの五感を総動員するのみならず、情報や知識までをもトータルに感受する「味」の世界について、デザインを通じて検証します。

 
※紹介文章から抜粋

味覚を構成する基本要素は、「甘味」、「塩味」、「酸味」、「苦味」、「うまみ」の5つとして、デザインを展開。ぜひこの機会に注目いただきたい。

「味のカタチ」展(仮称) デザインフォーラム foro08(フォロ・ゼロット)主催/『五感シリーズ』VOL.6
会期:2017年1月17日(火)~2日12日(日)
※初日を除く毎週月曜日・火曜日、並びに1月26日(木)は閉場
開催時間:11時 ~ 18時開場予定
※詳細は問い合わせください。
会場:奈良をテーマにした複合施設「ときのもり」
港区白金台5-17-10/都営三田線「白金台駅」1番出口より徒歩4分
主催: デザインフォーラムforo08(フォロ・ゼロット)
協力:「ときのもり」/レストラン「シエル エ ソル」
PR協力:住永 留理子(Luna Blu)
協賛:一般社団法人シンクネイチャー アーツ&デザイン
出品作家(foro08メンバー)
西森 陸雄(にしもり りくお;建築家)
今村 創平(いまむら そうへい;建築家)
橋本 夕紀夫(はしもと ゆきお;インテリアデザイナー)
松下 計(まつした けい;グラフィックデザイナー/アートディレクター)
皆川 明(みながわ あきら;ファッションデザイナー)
foro08
foro08は、異なるジャンルのクリエイターがジャンルを超えてデザインに関する活動を行う、ゆるやかなネットワークです。主宰は建築家の西森陸雄。メンバーに同じく建築家の今村創平、グラフィックデザイナー/アートディレクターの松下計、ファッションデザイナーの皆川明、インテリアデザイナーの橋本夕紀夫が加わり、キュレーター/プロデューサー生駒尚美が、企画サポートにあたっています。foroとはイタリア語で「フォーラム」の意味。08は末広がりをシンボルしています。
 
2005年8月に活動を開始して以来、定期的なトークサロンの実施に加え、実験的な企画展もたびたび開催してきました。私達が普段の生活の中で接しているさまざまなモノのデザインに焦点をあて、周囲の方々と協力・共鳴しながら、ゆっくりと成長してゆきたいと願っています。

image via 「シルクロード」の為のコンセプト作品 2016年 / デザイン:建築家 西森陸雄 料理:シエル エ ソル料理長 音羽創