【REPORT】カナダ・モントリオール発祥の電子音楽とヴィジュアル・アートの祭典「MUTEK JP 2016」(前編)

2016年11月2日(水) – 4日(金)までの3日間、渋谷のShibuya WWWShibuya WWW XRed Bull Studios Tokyoの3会場にてMUTEK JP 2016が開催された。本イベントは、カナダ・モントリオール発祥の電子音楽とヴィジュアル・ アートの祭典「MUTEK」が日本に初上陸したもの。
 

 
「MUTEK」はオーディオヴィジュアル・アートの文化芸術活動の普及を目的とした、非営利団体による芸術フェスティバルで、2015年、本国モントリオールでは43,350人を動員するほど大規模に開催されている。現在では、メキシコシティ(2004年~)、バルセロナ(2010年~)でも開催され、「MUTEK」の理念に沿ったアーティストのパフォーマンスを有名、無名、新人を問わず舞台に送り出してきている。
今回は、そんな「MUTEK JP 2016」の1日の様子をダイジェストでお伝えする。
 
会場はShibuya WWWとShibuya WWW X !
 

1日目にあたる11/2の会場は、Shibuya WWWとShibuya WWW X。WWW Xは、今年オープンした新しい会場ということもあり、気になる方も多いのではないだろうか。会場では、RASTER NOTON関連のグッズを始めとした今回のイベントの出演者や関連するグッズが販売されている。

WWW X のオープニングアクトは日本のUENO MASAAKI

WWW Xのオープニングアクトは、UENO MASAAKI。現代音楽を中心とした制作・発表を展開させながら、より1st EP『VORTICES』をリリースし、Boomkatなど様々な媒体から評価されるなど、世界各地でのライブも高い評価を得ている。電子音楽としての鋭い音の表現を走らせながらも、クールでかつ表現力があるサウンドを会場に見せつけた。

オーディオヴィジュアルとしての表現系 HERMAN KOLGEN

HERMAN KOLGENは、X線の検波とデータを介し、不可視・可視をレンダリングする高い技術によるオーディオ・ヴィジュアル・インスタレーションを展開。荒廃した建造物とノイズサウンドが入り混じりながら、オーディオ・ヴィジュアルとしての表現が加速していく”Aftershock”や、タッピングから地震波、摩擦抵抗、余震などの繊細な磁場・地震の揺れによる音や、画像がリンクされていく”Seismik”は、印象的なモチーフとサウンドの重なり方によって確実にオーディエンスを魅了していった。

RASTER NOTON20周年を迎えるALVA NOTO(カーステン・ニコライ)

今年、RASTER NOTON20周年を迎えるALVA NOTOも来日。近年では、レオナルド・ディカプリオ主演、イニャリトゥ監督の新作映画『The Revenant』の音楽を坂本龍一と共に担当するなど、様々なジャンルでの活躍が印象深いALVA NOTO。今回は、厳格なる硬派なサウンドをベースに、RGBとリンクしたビジュアル・エフェクトによる世界観は、電子的なサウンドの中にもエモーショナルな要素も含まれ観客の心を引き込んでいた。
 

厳格なる硬派で電子的なサウンドと、動的でエッヂが効いたビジュアルが作り出す空間は、単純なオーディオビジュアルの場の提供ではなくMutekというカルチャーの波をオーディエンスと共につくりだす感覚すら感じた。
次回は、そんなMutek2日目に行われた、レーベル「ラスター・ノートン」のインタビュー及び、彼らの音楽とそれにまつわるプロダクトの思想をお伝えする。

MUTEK JP 2016
WWW X + WWW : NOCTURNE 1 + A/VISIONS 1
日 時:11月2日(水)開場18:00/開演19:00
会 場:WWW X & WWW
出演:
WWW X : NOCTURNE 1/RASTER-NOTON 20th Anniv. Alva Noto (DE)
Byetone (DE)
Dasha Rush (RU)
Anne-James Chaton (FR)
Robert Lippok (DE)
Ueno Masaaki(JP)
WWW : A/VISIONS 1
Martin Messier (CA): FIELD Herman Kolgen (CA): AFTERSHOCK Herman Kolgen (CA): SEISMIK
Max Cooper (UK): Emergence A/V show Intercity Express (JP)
 
Red Bull Studios Tokyo : DIGI_SECTION
日 時:11月3日(木)12:00~22:00 料 金:入場無料
会 場:Red Bull Studios Tokyo (5F)
 
WWW : A/VISIONS 2
日 時:11月4日(金)開場18:00/開演19:00
会 場:WWW
出演:
Maotik+Metametric: DURATIONS
Herman Kolgen: INJEKT
Robin Fox : RGB LASER SHOW
Shingo Shibamoto × MMM
 
WWW X : NOCTURNE 2
日 時:11月4日(金)開演23:00
会 場:WWW X
出演:
Midnight Operator (CA)
Max Cooper (UK) – DJ Set
Pheek (CA)
Ena (JP)