身近な製品のデザインを解剖!21_21 DESIGN SIGHTにて「デザインの解剖展: 身近なものから世界を見る方法」開催中

2016年10月14日より21_21 DESIGN SIGHTにて「デザインの解剖展: 身近なものから世界を見る方法」が開催中だ。
 
「デザインの解剖」は、日々の暮らしに溶け込んだ身近な製品を「デザインの視点」で解剖し、各製品の成り立ちを徹底して検証する試み。グラフィックデザイナーの佐藤 卓が2001年より取り組んでいるプロジェクトで、本来の「解剖」が生物体を解きひらき、構造や各部門の関係、さらには条理を細かに分析していく行為であるように、ここではデザインを解剖の手段として、とりあげる製品のロゴやパッケージのレイアウトや印刷などのグラフィックを解析し、製品の内側の仕組みまで細かな分解や観察を重ねている。
 
これまでに「ロッテ キシリトールガム」、「富士フイルム 写ルンです」、「タカラ(現:タカラトミー) リカちゃん」、「明治乳業(現:明治) 明治おいしい牛乳」、「ISSEY MIYAKE A-POC BAGUETTE」などの製品が解剖され、それぞれ一般的に紹介されることのなかった部分が引き出されている
 
原料や製法、製品管理から流通に至る幅広い要素が掘り下げられることで、私たちが知っていると思いながら、知らない多くのことに気づくきっかけをもたらしており、佐藤 卓が教鞭をとった武蔵野美術大学 デザイン情報学科では教育プログラムの一環としても、身近な品々の解剖が続けられてきた。
 
今回は、これまでに蓄積されてきた解剖の成果を紹介するとともに新たに「株式会社 明治」の5つの製品に着目。製品を取り巻く世界はもちろん、社会、暮らしとデザインの関係について、さらにはデザインの役割や可能性について深く考察する機会になるだろう。
 
また、関連プログラムも予定されているので、ぜひこの機会に、足を運んでいただきたい。

デザインの解剖展: 身近なものから世界を見る方法
会期:2016年10月14日(金)- 2017年1月22日(日)
会場:21_21 DESIGN SIGHT 東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン・ガーデン内
休館日:火曜日、年末年始(12月27日-1月3日)開館時間:10:00 – 19:00(入場は18:30まで)
*10月21日(金)、22日(土)は六本木アートナイト開催にあわせ、特別に22:00まで開館延長(入場は21:30まで)入場料:一般1,100円、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料
※15名以上は各料金から200円割引
※障害者手帳をお持ちの方と、その付き添いの方1名は無料
その他各種割引についてはご利用案内をご覧ください
 
主催:21_21 DESIGN SIGHT、公益財団法人 三宅一生デザイン文化財団、後援:文化庁、経済産業省、港区教育委員会、特別協賛:三井不動産株式会社、特別協力:株式会社 明治協力:株式会社ニコンインステック、武蔵野美術大学、株式会社 佐藤卓デザイン事務所
 
展覧会ディレクター:佐藤 卓企画
制作協力:岡崎智弘、会場構成協力:五十嵐瑠衣、照明デザイン:海藤春樹、技術協力:橋本俊行(aircord)
テキスト:下川一哉、杉江あこ、神吉弘邦、高橋美礼、土田貴宏、廣川淳哉、渡部千春、展覧会グラフィック:佐藤卓デザイン事務所
参加作家:荒牧 悠、aircord、奥田透也、小沢朋子(モコメシ)、佐久間 茜(文字なぞり部)、柴田大平(WOW)、下浜臨太郎、菅 俊一、鈴木啓太、高橋琢哉、中野豪雄、原田和明、細金卓矢