Sony CSL+YCAM による未来の遊び「Parasight seek」

10月24日(土)、10月25日(日)にYCAM 山口情報芸術センターにて、ワークショップ「Parasight seek」が行われる。本ワークショップは、山口情報芸術センター[YCAM]がソニーコンピュータサイエンス研究所(Sony CSL)研究員・笠原俊一氏が共同で開発している「JackInワークショップシリーズ」のワークショップ。
 

JackIn Workshop from YCAM on Vimeo.

 
このワークショップシリーズでは、複数人の参加者が簡易型のヘッドマウントディスプレイ(HMD)とカメラを装着して、ネットワーク越しに相互に体験を共有する「JackIn」という状況に身を置きながら、いくつかの簡単なゲームを行う。参加者はこの過程を通じて、新しいコミュニケーションの形を探索するとともに、人間の拡張・人間のメディア化の可能性について考えを深めていく。

Parasight seek
 
今回はこのワークショップシリーズの中から「Parasight seek」を実施します。このワークショップでは、JackInのシステムを利用し、参加者同士の視点を共有をしながらゲームをします。1人の視点映像を複数人のチームメンバも見ながら、協働作業をすることでゲームを進めていきます。視点を共有しそれに介入することで助け合う方法や、自分に入り込んで来るたくさんの情報から総合的に自分の行動を決める感覚をゲームを通じて考え、話し合っていきます。
 
via YCAM

Sony CSL+YCAM による未来の遊び。ご注目いただきたい。

Parasight seek
 
開催日時:10月24日(土) 14:00〜16:00
10月25日(日) 14:00〜16:00
会場:YCAM山口情報芸術センター スタジオA
料金:参加無料(要申込)
定員:8人
参加対象・対象年齢:小学4年生以上
申込受付期間:9月26日(土)〜
 
講師:笠原俊一菅沼聖(YCAM InterLab)安藤充人(YCAM InterLab)
 
主催:山口市、公益財団法人山口市文化振興財団
後援:山口市教育委員会
助成:平成27年度 文化庁 文化芸術による地域活性化・国際発信推進事業
共同開発:笠原俊一 (Sony CSL)、 YCAM InterLab
企画制作:山口情報芸術センター[YCAM]
お申し込み方法
 
下記の項目をお書き添えのうえ、メールでお申込みいただくか、
もしくはYCAM1階のチケットインフォメーションにて直接お申込みください。
 
・参加を希望するイベント名
・住所
・氏名+ふりがな
・性別
・生年月日
・電話番号やメールアドレスなどの連絡先
 
お申し込みメールアドレス:reserve@ycam.jp

photo via YCAM