未来の都市を考えるイノベーションプラットフォーム「Playable City Tokyo 2015」

9月12日(土)から虎ノ門ヒルズフォーラムにて、「Play(遊び)」をキーワードに、テクノロジーを用いた都市の未来を考えるワークショッププログラム「Playable City Tokyo 2015」が始まる。Playable City は、公共空間を使ったプロジェクトなど、都市の未来ビジョンをクリエイターや市民主導で描くこととを目指し、イギリスの国際交流機関「ブリティッシュ・カウンシル」と、イギリスのブリストル市のメディアセンター「ウォーターシェッド」が連携し、様々な日本のパートナーと協働して展開しているプロジェクトだ。
 
今年、2015年は、都市の未来について考える人のネットワークと、土壌をつくるためのワークショップシリーズをスタートさせ「Playable City」のアプローチを理解する。ファシリテーターにライゾマティクスの齋藤精一を迎え、現在の東京の都市環境や人に何が起こっているかの理解を深め、未来の都市を創るテクノロジーの可能性を考える。そして、「ウォーターシェッド」のクリエイティブディレクター、クレア・レディントンを迎えた、2日間のアイデアラボも開催し、ワークショップシリーズから見えてきた可能性を見つめる。
 
テクノロジーと遊びの関係から見えてくる未来の都市のワークショップ。ぜひご期待頂きたい。

Playable City Tokyo 2015
お申し込みはこちらから
 
主催:ブリティッシュ・カウンシル、ウォーターシェッド
クリエイティブパートナー:ライゾマティクス
特別協力:森ビル
メディアパートナー:『WIRED』 日本版
ワークショップ 1:Exploring Play-「遊び」とは?
日時:9月12日(土)13:00‐16:00
会場:虎ノ門ヒルズフォーラム
 
ワークショップ 2:Exploring the City-「都市」とは?
日時:9月15日(火)19:00‐21:30
会場:虎ノ門ヒルズフォーラム
 
ワークショップ 3:Exploring Ideas-「都市x遊びのアイデア」
日時:10月2日(金)19:00‐21:30
会場:虎ノ門ヒルズフォーラム
 
アイデアラボ
日時:年10月10日(土) 10:00-18:00/10月11日(日) 10:00-17:00
会場:虎ノ門ヒルズフォーラム

photo via Playable City Tokyo 2015