遂に完訳!プログラミング環境「Processing」日本語版バイブルが発売

ビー・エヌ・エヌ新社から「Processing:ビジュアルデザイナーとアーティストのためのプログラミング入門」が発売される。
 
Processingは、デザイナーやアーティスト、またプログラミング初学者に向けて作られたプログラミング言語/環境。その体験は、文系・理系、デザインとエンジニアリング、感性と論理という両軸における領域横断接続をもたらしながら「ハイブリッド」な才能を産み出しており、様々なユーザに影響をあたえている。
 
視覚芸術の文脈の中では、造形・動き・インタラクションをプログラミングするための力が養われ、ソフトウェアを作り出すためのリテラシーが身につくことから、プログラミング教育の必要性がますます高まる現在、導入が極めて手軽である。また、理系ではない人たちに向けて作られているProcessingは、プログラミング自体の学習にも非常に適しているため、クリエイティブなコーディング環境の入門しても最適だ。
 
開発者自身による600ページ超のバイブルが遂に完訳され、日本語版オリジナルコンテンツとして付録「Processing 3の新機能」そして、インタビューに、幸村真佐男・杉原 聡・真鍋大度・和田 永が収録され最も利用されているProcessing 2.0と、最新版の3.0に対応。
 
Processingのバイブルとしてぜひ、ご覧頂きたい。

Processing ビジュアルデザイナーとアーティストのためのプログラミング入門
SBN:978-4-86100-950-1
定価:本体7,000円+税
仕様:B5判変型/688ページ
発売日:2015年09月20日
著者:ベン・フライ(Ben Fry)、ケイシー・リース(Casey Reas)
監訳者:中西泰人
翻訳者:安藤幸央、澤村正樹、杉本達應
 

Processing:ビジュアルデザイナーとアーティストのためのプログラミング入門
ベン・フライ ケイシー・リース
ビー・エヌ・エヌ新社 (2015-09-20)
売り上げランキング: 3,742