ついに10周年!「Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード2015」エントリー募集中

2006年からスタートした「Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード」が今年で10年目を迎える。本アワードは、才能あるクリエイターたちを発掘・支援し、インターネットクリエイティブ市場の発展に貢献していくことを目的として始まったもので、今年の作品募集期間は、2015年7月17日から8月24日までとなっている。
 
日々、進化を続けるインターネット。その表現方法もデバイスも、めまぐるしい速さで進歩している。そうした状況で、ユーザーの記憶に残すことができるクリエイティブの価値は高く、それを生み出せるクリエイターの存在が重要になっている。今年は求める作品を「スマートデバイス」から「マルチデバイス」へ拡大。マルチプラットフォームに対応した、心に残る体験や感動が得られる作品の応募が期待される。
 
今年は、10周年を記念したスペシャルコンテンツとして、10年間にインタラクティブ業界で起こった様々なことをまとめた「すごいタイムライン」も登場。様々な領域での出来事や、技術の進化など様々な文脈を知ることができる。また、これまでとこれからのWebのカタチと題した対談や、受賞者によるインタビューなども楽しむことが出来る。
 
募集部門は、一般の方(プロ・アマチュア不問)が制作した作品を募る「一般の部」と、企業・各種団体のブランディングや商品・サービスの訴求を目的に活用された作品を募る「企業の部」の2部門となっており、審査員は下記の10名。

阿部淳也氏(株式会社ワンパク)、大八木翼氏(株式会社SIX)、齋藤精一氏(Rhizomatiks)、Saqoosha氏(dot by dot inc.)、下浜臨太郎氏(株式会社 電通)、中村洋基氏(PARTY)、馬場鑑平氏(株式会社バスキュール)、深津貴之氏(株式会社THE GUILD)、森永真弓氏(株式会社博報堂DYメディアパートナーズ)、柳澤大輔氏(面白法人カヤック)

今年は、どんな作品が受賞するのか10周年のアワードにご注目頂きたい。

Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード2015
募集期間:2015年7月17日 – 8月24日
募集条件:
【一般の部】
個人またはユニットが、プライベートな活動で制作した作品が対象です。プロ・アマチュアの別は問いません。詳細は、応募要項をご覧ください。
【企業の部】
2014年8月19日~2015年8月24日に公開され、企業・各種団体が制作した広告、ウェブサイト、アプリケーション、サービス、プロダクトなどが対象です。詳細は、応募要項をご覧ください。
※詳しい募集内容に関してはこちらをご確認ください。
審査員:
阿部淳也氏(株式会社ワンパク)、大八木翼氏(株式会社SIX)、齋藤精一氏(Rhizomatiks)、Saqoosha氏(dot by dot inc.)、下浜臨太郎氏(株式会社 電通)、中村洋基氏(PARTY)、馬場鑑平氏(株式会社バスキュール)、深津貴之氏(株式会社THE GUILD)、森永真弓氏(株式会社博報堂DYメディアパートナーズ)、柳澤大輔氏(面白法人カヤック)
※敬称略・50音順