モーション・デザインから見える科学技術とデザインの関係「動きのカガク展」開催

6月19日(金)より21_21 DESIGN SIGHTにて「動きのカガク展」が開催される。展覧会ディレクターには、企業CMや大河ドラマのオープニング映像などで国内外から注目を集める菱川勢一。表現に「動き」をもたらしたモーション・デザインを中心に展示が展開される。
 
モーション・デザインの技術は、車両制御システムや地図アプリケーション、通信技術やSNSの普及など、私たちの快適で便利な日常生活を支えている中、プロダクトをはじめグラフィックや映像における躍動的な描写を可能にし、感性に訴えるより豊かな表現をつくりだしている。今日のデザイナーは、エンジニアリングの手法も駆使しながら、先端技術を用いたものづくりを展開しており、私たちの生活に欠かせない様々な動くツールやその仕組みは、デザイナーや企業の研究と実験の連続から生まれている。そういったアイデアが形となり、動き出すこと、その瞬間の純粋な喜びこそが、ものづくりの楽しさだと言えるのではないだろうか。
 
本展では、世界的に知られるメディアアーティストのジモウンやニルズ・フェルカーの日本初公開作品をはじめ、クワクボリョウタが大規模な「LOST」シリーズの新作、そして、ユークリッド(佐藤雅彦+桐山孝司)による脳と体を結びつける新感覚の体験型作品を発表予定。
また、新進気鋭の若手作家や学生、企業との恊働による多彩な「動く」作品は、身近な材料と道具を使い、見る人の創作意欲を刺激する。さらには、各作品の動きの原理をひもとくアニメーションを菱川勢一率いるドローイングアンドマニュアルが制作し、来場者の皆様と動きの仕組みをカガクしてゆく内容となっている。
 
ぜひ、この機会に「動き」がもたらす表現力に触れ、観察し、その構造を理解し体験し、科学技術の発展とデザインの関係を感じていただきたい。

企画展「動きのカガク展」
会場:21_21 DESIGN SIGHT
会期:2015年6月19日(金)- 9月27日(日)
休館日:火曜日(9月22日は開館)
開館時間:10:00 – 19:00(入場は18:30まで)
入場料:一般1,100円、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料
主催:21_21 DESIGN SIGHT、公益財団法人 三宅一生デザイン文化財団
後援:文化庁、経済産業省、スイス大使館、港区教育委員会
助成:スイス・プロ・ヘルヴェティア文化財団
 
特別協賛:三井不動産株式会社
展覧会ディレクター:菱川勢一
企画協力:ドミニク・チェン
学術協力:桐山孝司
制作協力:ドローイングアンドマニュアル
展覧会グラフィック:古平正義
会場構成協力:宮崎晃吉(HAGI STUDIO)
参加作家:
アトリエオモヤ、生永麻衣+安住仁史、菅野 創+やんツー、岸 遼、クワクボリョウタ、佐藤雅彦+ユーフラテス、ジモウン、鈴木太朗、パンタグラフ、ニルズ・フェルカー、沼倉真理、ユークリッド(佐藤雅彦+桐山孝司)、他
参加団体:東北工業大学、メルセデス・ベンツ日本株式会社、他
21_21 DESIGN SIGHTディレクター:三宅一生、佐藤 卓、深澤直人
同アソシエイトディレクター:川上典李子
 
※本展より開館時間、入場料が一部変更となります
※上記内容は予告なしに変更される場合があります