ICCの通年行われるメディア・アートの展示「オープン・スペース 2015」開催

5月23日よりNTTインターコミュニケーション・センター [ICC]より、オープン・スペース 2015が開催される。
 
本展は、2015年5月23日(土)- 2016年3月6日(日)まで通年で行われ、メディア・アート作品をはじめ,現代のメディア環境における多様な表現を紹介する展覧会。その展示内容は、メディア・アートにおける代表的な作品から、先端技術を取り入れた作品、批評的な観点を持つ作品や、さらには研究機関で進行中のプロジェクトなど幅広い。
 
会期中には、アーティストや有識者を招いたトーク、レクチャー、シンポジウム、ワークショップ、学芸スタッフによる作品解説ツアーを開催するなど、さまざまなプログラムを用意。今回展示される出品作家は、岩井俊雄、菅野創+やんツー、スズキユウリ、セミトランスペアレント・デザイン、高谷史郎、グレゴミアン、平川紀道、Filament(Sachiko M,大友良英)、ビル・フォンタナ、藤幡正樹、クリス・ミルク&アーロン・コブリン、和田永(順不同)などによる、様々な作品が展示される。
 

openspace2015_2

 
また、情報科学芸術大学院大学[IAMAS]による研究開発コーナー、レコードやプロジェクションを再発明し,さまざまな活用の下地となる技法として示すことで,音楽や映像をはじめとした表現のあり方そのものの再定義を試みる、「車輪の再発明プロジェクト」や、今後期待される新進アーティストやクリエイターの最新の作品やプロジェクトなどを紹介する「エマージェンシーズ!」も行われる。エマージェンシーズ!の紹介作家は、AKI INOMATA(展示期間:2015年5月23日(土)—8月1日(土))、田中健司(展示期間:2015年9月8日(火)—11月15日(日))、大和田俊(展示期間:2015年12月22日(火)—2016年3月6日(日))など目が離せない。
 
通年行われるメディア・アートの重要な展示会。ぜひメディア・アートの文脈そして、メディアやコミュニケーションの関係など新しい感性や美意識について触れて頂きたい。

オープン・スペース 2015
 
会期:2015年5月23日(土)—2016年3月6日(日)
開館時間:午前11時—午後6時
休館日:月曜日(月曜が祝日の場合翌日,ただし9/22は開館),年末年始(12/28—1/4),保守点検日(8/2,2/14)
入場無料
会場:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]
住所:〒163-1404 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階
アクセス:京王新線初台駅東口から徒歩2分
 
主催:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]
 
お問い合わせ:フリーダイヤル 0120-144199
E-mail:query@ntticc.or.jp
URL:http://www.ntticc.or.jp/
NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] は、日本の電話事業100周年(1990年)の記念事業として1997年4月19日、東京/西新宿・東京オペラシティタワーにオープンした文化施設です。ICCは「コミュニケーション」というテーマを軸に科学技術と芸術文化の対話を促進し、豊かな未来社会を構想していきます。
※諸事情により開館時間の変更および休館の可能性がございます.最新情報はホームページなどでお知らせいたします。