鈴木康広による身近な発見ときっかけの展示会。鈴木康広展「近所の地球 宇宙の黒板」開催

4月25日(土)より三菱地所アルティアムにて、鈴木康広 展「近所の地球 宇宙の黒板」が開催される。本展は、身近な発見から生み出された作品に触れ、「近所の地球を」を感じるということをテーマにした展示会。
 
鈴木康広は、2001年にNHK「デジタル・スタジアム」で映像インスタレーション《遊具の透視法》で最優秀賞を受賞し、瀬戸内国際芸術祭2010で発表された《ファスナーの船》は高校美術の教科書に掲載され、近年は浜松市美術館、水戸芸術館、金沢21世紀美術館などで個展を開催し活躍の幅を広げている。今回は、誰にとっても身近なモノや感覚、自然現象から見出した発見を作品へと昇華し、“地球”という大きな存在とわたしたちとのつながりを感じさせる内容となっている。
 
また、今回の展覧会は2005年に三菱地所アルティアムとイムズプラザを舞台に開催された「水平線の消息」以来、福岡では10年ぶりの個展なり、2005年以降のものを中心に、鈴木の作品を一堂に集めて紹介される予定。鈴木康広が、アイデアを書き留めるノートの1ページに「近所の地球」と記したのは、2001年。アーティストとしての活動のごく初期のことで、そこから年輪を重ねるように発展してきた作品は、時間、空気、水、からだなど様々なテーマを持ちながらも、身体と記憶に訴えかける力を携え、一貫性を持って展開されている。
 
4月25日には、鈴木康広 展「近所の地球 宇宙の黒板」オープニングレセプションも開催。
ぜひ、この機会にアーティスト鈴木康広の作品からの「当たり前のことに気づくきっかけ」と「近所の地球」を感じて頂きたい。

鈴木康広展「近所の地球 宇宙の黒板」
 
会期:2015/4/25(土)− 5/17(日) / 10:00-20:00(会期中休館日なし)
入場料:一般:400(300)円 / 学生:300(200)円
()は前売料金/チケットぴあ再入場可高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料アルティアムカード会員・イムズカード(三菱地所グループCARD)会員無料
会場:三菱地所アルティアム(イムズ8F)
〒810-0001 福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F(アクセスはこちら
 
主催:三菱地所、三菱地所アルティアム、イムズ、西日本新聞社
後援:福岡市、福岡市教育委員会、(公財)福岡市文化芸術振興財団
協力:アートプランニングレイ、東京大学生産技術研究所試作工場、東京大学先端科学技術研究センター人間支援工学分野、株式会社メディアタージ
鈴木康広展「近所の地球 宇宙の黒板」
オープニングレセプション

日時:2015年4月25日(土) 18:30〜20:00
会場:三菱地所アルティアム(イムズ8F)
参加料:無料・予約不要
鈴木 康広(すずき やすひろ)
 
1979年静岡県浜松市生まれ。2001年東京造形大学デザイン学科卒業。
東京大学先端科学技術研究センター岩井研究室特任助手などを経て
2013年より東京大学先端科学技術研究センター中邑研究室客員研究員、
武蔵野美術大学空間演出デザイン学科准教授。
2014毎日デザイン賞受賞。
 
2005年 三菱地所アルティアム「水平線の消息」
2008年 IERIMONTI Gallery(ミラノ)「Aerial Being」
2011年 原美術館「募金箱『泉』公開記念特別展示」
浜松市美術館  「BORDER-地球、まばたき、りんご、僕」
2014年 水戸芸術館現代美術ギャラリー「近所の地球」
金沢21世紀美術館「鈴木康広『見立て』の実験室」
主な著書
『まばたきとはばたき』(青幻舎)、『近所の地球』(青幻舎より2015春発刊予定)
まばたきとはばたき
まばたきとはばたき

posted with amazlet at 15.10.09
鈴木康広
青幻舎
売り上げランキング: 25,066

 

近所の地球
近所の地球

posted with amazlet at 15.10.09
鈴木 康広
青幻舎
売り上げランキング: 31,626