空の旅も賑やかに!LCC空港としてデザインされた「成田空港 第3ターミナル」オープン

4月8日より成田空港 第3ターミナルがオープンした。成田空港の第3ターミナルはLCC(ローコストキャリア)専用とされ、そのコンセプトをもとに建築・デザイン面でも徹底した、ローコストな空港としてスタートしている。2015年4月8日の時点では、国際線ではジェットスターチェジュ空港バニラエア。国内線では、ジェットスター、Spring Japan、バニラエアの航空会社が利用されており、今後もLCCを利用した空の旅も賑やかになりそうだ。
 

NARITA INTERNATIONAL AIRPORT TERMINAL3 from PARTY on Vimeo.

 
ローコストで機能的な空港のアプローチとして、陸上用のトラックの設置や、サイン表示によるわかりやすさなど、歩く歩道や内照式のサイン看板をはじめとした予算の関係から設置できない制約をうまく解決し、ユーザーへ楽しさを意識したデザインを提供している。
 

 
今回、デザインを手がけたのは、日建設計無印良品を展開する良品計画、そしてデジタルテクノロジによるクリエイティブディレクションを行うPARTYの3社。”more than 2 into 1″をテーマに設定された建築・デザインによるキーワードは、ふたつ以上の機能をひとつに集約し「お金をかけずに工夫する」といった気持ちがこめられている。
 
今後、2020年の東京オリンピックに向けてLCCを始め様々な利用が多くなってくる成田空港。デザインや様々なクリエイティブで空の玄関を楽しませてくれるだろう。これからの動きにもぜひご注目頂きたい。

Photo by Kenta Hasegawa via Terminal3
NIKKEN SEKKEI + Ryohin Keikaku + PARTY