デザイン・エンジニアリングのプロトタイプ展「PLAYFUL」開催中

3月25日より、東京大学生産技術研究所S棟1階ギャラリーにてデザイン・エンジニアリングを専門とする東大の“Prototyping & Design Lab.”(山中研究室)デザイン・エンジニアリングのプロトタイプ展「PLAYFUL」が開催中だ。
 
2013年に東京大学生産技術研究所に開設された、デザイン・エンジニアリングを専門とする”Prototyping & Design Lab.”(山中研究室)は、2年間で様々なプロトタイプを制作してきた。昨年二つの展示を研究室に隣接するギャラリーで開催してきたが、今回は今年度取り組んだ全てのテーマの制作物を展示。プロトタイプ展のテーマを、「PLAYFUL」とし、3Dプリンティングなどの新しい製造技術野可能性にも挑戦したロボットやおもちゃ、新作のアスリート用義足、共に学んでいる慶應SFCの学生の卒業制作など自由な発想と大人の遊び心が満ちた、未来に出会うことが出来るだろう。
 
ぜひ、この機会に新しいデザイン・エンジニアリング研究拠点のいまにご注目頂きたい。

東京大学山中研究室プロトタイプ展2015 “PLAYFUL”
日時 2015年3月25日(水)- 3月29日(日) / 11:00 – 19:00(入場無料)
場所:〒153-8505 東京都目黒区駒場4-6-1 東京大学生産技術研究所S棟1階ギャラリー
主催:東京大学山中研究室
協力:株式会社アスペクト、トーホーテック株式会社、東京大学新野研究室、岡部研究室、前田研究室
 
関連イベント情報はこちらをクリックしてください。