北海道内外のグラフィック・ポスター展示会「フォルム」開催中

2月1日(日)より赤れんがテラス 眺望ギャラリー「テラス計画」より「グラフィックポスター展 “フォルム”」が開催中だ。本展示会は、北海道内外の5名のアートディレクター・グラフィックデザイナーによるグラフィックポスターの展示となる。
 
参加作家は、(有)寺島デザイン制作室の寺島 賢幸、バックヤードの屋号でフリーのグラフィックデザイナーとして活動中の菊地 和広、東京・下北沢のデザイン会社「room-composite」の代表、カイシトモヤ、(有)服部一成を経て、2003年よりフリーランスで活躍中の山下ともこ、そして、ボールドの鈴木 信輔
 
眺望ギャラリーテラス計画は、札幌にある赤れんが庁舎の眺望をテラスに併設されたウォールギャラリーだ。展覧会やワークショップ、講演会など多彩なイベントを開催し、新しいまちの居場所を提案している。
道内外で集まる「フォルム」にまつわるグラフィックポスターの展示会、ぜひこの機会に楽しんで頂きたい。
 

グラフィックポスター展「フォルム」
会期:2015年2月1日(日)〜3月1日(日)10:00〜20:00
会場:眺望ギャラリー テラス計画
住所:札幌市中央区北2条西4丁目 札幌三井JPビルディング内
赤れんがテラス5階(3階で専用エレベーターへ乗換)
入場料:無料
主催:テラス計画(札幌駅前通まちづくり株式会社)
お問い合せ:札幌駅前通まちづくり株式会社
参加デザイナー
カイシトモヤ(東京)
アートディレクター。兵庫県生まれ。
東京・下北沢のデザイン会社「room-composite」代表。香港国際ポスタートリエンナーレ 2010金賞およびKAN Tai-Keung賞、2014銀賞および銅賞。APA 2010 金丸重嶺賞など。著書に「How to Design いちばん面白いデザインの教科書」「デザインのプロセス 7人の気鋭デザイナーに学ぶ仕事のやり方、考え方」。東京造形大学 グラフィックデザイン専攻領域 助教。
 
菊地 和広(札幌)
1974年生まれ。2010年よりバックヤードの屋号でフリーのグラフィックデザイナーとして活動中。ハートランド軽井沢 ドローイングビエンナーレ 2007 入賞、第22回ワルシャワポスタービエンナーレ2010 Honorary Mention、トルナバポスタートリエンナーレ2012 Honorary Mention、札幌ADC入賞 他多数。
 
鈴木 信輔(大阪)
2012年ボールドを設立。ホテルのブランディング、お菓子のパッケージ、電車の路線図など、グラフィックデザインを核に幅広く活動。人との関係の構築を大事にし、日々新しい仕事や表現に挑戦中。寝てる間もデザインの夢を見る。
 
寺島 賢幸(札幌)
1961年札幌生まれ。北海道造形デザイン専門学校卒業後、地元広告代理店を経て1992年(有)寺島デザイン制作室設立。おもに道内のクライアントを中心に広告、グラフィックデザインを手がけている。台湾国際ポスターアワード金賞、中国グラフィックデザインアワード商業部門ベストアワード、JAGDA新人賞、NYADC銅賞、NYフェスティバル 銅賞、
香港国際ポスタートリエンナーレ 銅賞、ショーモンポスターフェスティバル(仏)3位、ほか受賞。
 
山下ともこ(東京)
グラフィックデザイナー/アートディレクター
日本大学芸術学部卒業。エージー、ライトパブリシティ、(有)服部一成を経て、2003年よりフリーランス。書籍装幀、パッケージ、CI、広告、雑誌などグラフィックデザインを中心に活動。また’09年より、自身のグラフィックブックの制作・出版を続けている。
’10年ADC賞受賞。日本グラフィックデザイナー協会会員。