「指輪型ウェアラブルコンピューティングデバイス」限定公開。

日本発!世界8か国へ向けて指輪型ウェアラブルコンピューティングデバイスを展開!

合同会社16Lab(ジュウロクラボ)は、「指輪型ウェアラブルコンピューティングデバイス」の東京都内で開催されるプライベートイベントで限定公開を行うと発表した。

 

IoT(Internet of Things/モノのインターネット)として実空間とインターネットを繋ぐ仕組みが、近年、注目されているが、本プロジェクトで注目すべき部分はコンセプトで掲げられている「世界中の人が極めて高い頻度で経験している「日常的なちょっとした不便さ」を、ディスプレイのないコンピュータによって解消していくこと」という点だ。

 

実現する機能としてリモコンや、鍵、お財布といったものが例にあげられているがどのようなアプローチで、私たちの暮らしをサポートしていくのか楽しみにしたい。

 

また、クリエイティブディレクターとして、MTDO inc.の田子學氏を迎え開発が進められているとのこと。
日本発のベンチャー企業が、世界に向けてウェラブルコンピューティングデバイスを発信し日本のものづくりが世界にインパクトを与えてくれることを期待したい。
16Lab(ジュウロクラボ)