北海道のアートマーケットの活性化へつなぐ「アートフェア札幌 2014」が開催

近年、気軽にアート作品を楽しみ・買えるアートの見本市「アートフェア」が盛り上がりを見せている。世界最大のアートフェアであるアートバーゼルは昨年の来場者数が7万人を越え、日本ではアートフェア東京アート大阪アート名古屋など、地方都市も含めて毎年数多くのアートフェアが開催されている。昨日開催され大繁盛だったNew City Art Fairもその一つだ。

afs2013

今年で2回目となるアートフェア札幌は市内中心部にあるクロスホテル札幌が会場となり、国内外から集まったギャラリー18軒の作品がそれぞれ客室に展示され、実際に購入することも可能。
昨年は初開催ながら2,000人を動員したうえ今年は札幌国際芸術祭の開催で市民のアートへの関心も高くなっていることもあり、今年のアートフェア札幌の盛り上がりに期待される。
会期は11月23日(日)と24日(月・祝)の二日間。是非足を運んで頂きたい。

アートフェア札幌 2014
会期:2014年11月23日(日) – 24日(月・祝)
   23日(日)   11:00 – 20:00
   24日(月・祝) 11:00 – 19:00
プレビュー:22日(土) 19:00 – 22:00(招待客のみ)
会場:クロスホテル札幌
住所:札幌市中央区北2条西2丁目23
出展者:18軒 [客室2フロアー / 各ギャラリー各1部屋を使用]
入場料:1,000円(デポジット制)
フェアディレクター:大口岳人(クラークギャラリー+SHIFT
アドバイザー:戸塚憲太郎(NEW CITY ART FAIR ディレクター)
主催:アートフェア札幌 2014 実行委員会
特別協賛:アウディ札幌東
共催:クロスホテル札幌
連携:アート札幌 2014、ART KAOHSIUNG 2014
協賛:アッシュ・ペー・フランス、グラニフ、スノージュエルズ、
   ミライスト、レーザーシステム、カウパレード・ニセコ
協力:NEW CITY ART FAIR、SHIFT
後援:札幌市、北海道新聞社、UHB北海道文化放送、HTB北海道テレビ、HBC北海道放送、STV札幌テレビ放送、AIR-Gʼエフエム北海道、FMノースウェーブ