「大友良英 音楽と美術のあいだ」ICCにて11月22日よりスタート

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]にて、11月22日より大友良英による「大友良英 音楽と美術のあいだ」が開催される。
 
大友良英は、即興音楽からポピュラー音楽、さらに映画やテレビの劇伴音楽まで、幅広い音楽の領域で活動する音楽家だが、その一方で、美術館やギャラリーなどでの展覧会への参加や、インスタレーション作品を制作するなど、美術の領域での発表も数多く行なっている。
 
この展覧会は,2008年に山口情報芸術センター [YCAM]で委嘱制作された作品《quartets》と、本展のための新作サウンド・インスタレーション《guitar solos 1》で構成。
 
本展覧会のテーマは「音楽と美術のあいだ」である。もともと、異なる芸術表現である「音楽」と「美術」は,制度も作法も独自の発展を遂げて現在に至っており、それぞれの活動の場は、異なるシステムの上で動いていて、それぞれの場面で多様な相違がある。
 
しかし、1960年代以降、音楽と美術が相互に介入し合うような表現が多くみられるようになり、そこで生まれた表現は「インターメディア」「パフォーマンス」「サウンド・アート」と呼ばれ、さまざまなメディアを利用できる環境が整うことによって、メディア・アートや「領域横断的」と称される各種表現が生まれた。これらは、従来の芸術ジャンルの定義や解釈を拡げたと同時に、それらのあいだにあった境界線を曖昧にしていき、本テーマでもある「音楽と美術のあいだ」で活動するアーティストの表現を可能にしてきたと言える。
 
そこで、本展覧会は「音楽」と「美術」という異なる表現の相違に目を向け、それらの「あいだ」にあるものとはなにかを,複数のインスタレーションとさまざまなイヴェントによって考える。
 
大友良英による「音楽と美術のあいだ」を感じ、その相違のあいだを感じていただきたい。
 

大友良英 音楽と美術のあいだ
会期:2014年11月22日(土)─2015年2月22日(日)
会場:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] ギャラリーA
開館時間:午前11時─午後6時(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(月曜が祝日の場合翌日),年末年始(12/29─1/5),保守点検日(2/8)
入場料:一般・大学生500(400)円/高校生以下無料 *( )内は15名様以上の団体料金
主催:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]
協力:山口情報芸術センター [YCAM]FOSTEX 制作協力:Sachiko M